2018年7月23日 (月)

かんむり座

5歳女の子ほしのからあげのつくりかたをおしえてください彩子さん要約星座でからあげ座を作りたい今日イチのぶっ飛んだ質問だったな美絵ちゃん先生のおすすめはかんむり座。唐揚げに似てる、と。でも、自由に作っていいんだよ

常陸らんちゅう会、研究会! ( 観賞魚、水草 )

昨日は、アンディーさんと、常陸らんちゅう会研究会に参加。
それにしても、、暑い。
飼育場近くに置いてあった盆栽。
これは、、高そうですね!
アンディーさん達は、当歳を見学中です!
午後1時、荻谷会長ご挨拶。
矢作東部本部長ご挨拶!
審査開始です!審査は、5名で点数制でした。
私の隣にはアンディーさんで、一緒に審査をするのは初めてでした!
しかし、審査は本当に難しいですね!
私は見落としをしたり、点数が辛過ぎたり、、
余計な一言で東部本部長から注意をして頂いたりして、何事も勉強ですね!
皆様、暑い中お疲れ様でした!

拝み屋? ( グループ )

拝み屋が、国営カジノを利用して、特定の有名人にとりついてカジノ三昧にさせるだと?

2018年7月例会報告 - O.P.F支部

ようこそ!
 私たちは全日本写真連盟岡山県本部に所属するOPF支部です。
写真を好きな方ならどなたでもお仲間になれます。あなたも一緒に活動しませんか?
-----------------------------------------------------------------------------------
例会日時:2018.7.21(土) 14:00〜16:30 実施場所:朝日新聞岡山総局 3F会議室
7月例会作品
☆講評・指導講師 県本部委員 青井 哲 先生
課題作品(七夕まつり)
1席 「七夕の祈り」(3枚組) 村田明子


2席 「七夕祭り」 遠藤俊之


3席 「七夕のころ」 虫明郁代


自由作品
1席 「まつりの男衆」 虫明郁代
     

2席 「草取り」 大橋典昌
     

3席 「暑さを忘れて」 浅野整穂
     

4席 「歌姫登場」 山近資昌
     

5席 「豊作祈願」 遠藤俊之
     

ペルデュの森 3 ( 小説 )

《ご注意》シャルマリ二次創作です。苦手な方は閲覧をご遠慮ください。
あたしは響谷家に連絡を入れて、薫がアメリカに旅立つ日時をお手伝いさんから聞き出した。
今思うと、外部の人間にこんなに簡単に主人の行動を教える使用人なんて怪しいのだけど、その時はただ夢中で「ありがとうっ」としか思わなかった。響谷家は兄上が大変な犯罪を犯したセンシティブな家。個人情報の漏出には特に気を使っている。だから薫の出立日時だって極秘のはずだった。
これがあたしに伝わったのは、あたしへの罠。
今ならわかる。
でも、あたしはその情報に、まるで天国から垂らされた一本の蜘蛛の糸のようにすがって、成田空港に駆けつけたのだった。
エールフランスのファーストクラスカウンターの前で、ゆったりとした灰色のソファに座った薫を見つけた時は、心臓が踊るかと思った。
薫はシャンパングラスを傾けているところだった。
ブラックの細身の革パンツに真っ黄色のダンガリーシャツという、一見するとハチャメチャな組み合わせが彼女の危うい美貌とよく似合っていた。
傍らには飴色に輝くバイオリンケース。
「薫っ!!」
あたしの大声に、薫は飲み物を飲む顔を動かさず、ひどくなまめかしい視線だけあたしに向けた。
不敵に笑って、グラスを唇から離す。
「へえ。来たんだ」
そう言って濡れた口元を押し広げるようにして唇を舐める彼女は、目元がしっとりと潤んでいて、あたりを払うような色気に満ちていた。
あたしはすぐさま薫の元に駆け寄り、ポシェットからパスポートを取り出してそれを突き出しながら言った。
「お願いがあって来たの。あたしもアメリカに連れていって」
「お前さんがアメリカに?」
「うん」
「なぜ?」
冷静な薫の声に、あたしは口ごもる。
和矢に振られたから。
そんなこと言えない。
でも言わなきゃ、薫は納得してくれない。
あたしはちっぽけな自尊心を足元で踏みにじって、精一杯の勇気を振り絞って、どうしてここに来ることになったのかを説明した。
あたしは一昨日、和矢から一方的な別れの手紙をもらった。あたしに失望したという手紙だった。もちろんそれで納得できなかったあたしは横浜に行ったけれど、彼はいなかった。
和矢がどこにいるのか、あたしにはわからなかった。
しらみつぶしに探せばよかったのかもしれない。本郷の東大キャンパスはあたしの家のすぐ近くだ。まずは地下鉄の東大前駅を張り込んでいれば、いつかは会えたかもしれない。
そう、いつかはーー……
実際、あたしはそれをやってみた。東大前の駅に行き、車道のガードレールにもたれて待った。
それから一時間で、あたしは音をあげた。
足が痛いとか、疲れたとかそういうこともあるけれど、それだけじゃない。
心が折れてしまったのよ。
もしここで和矢が現れたとして、あたしは何をいうの?
ごめんねって謝るの?
謝ってどうするの?
和矢は優しいから、そんな風に頭を下げるあたしを見放すことはしないだろう。でもそうやってつなぎ合わされた関係ってなんだろう。あたしは同情で和矢に一緒にいてもらって、そしてあたしはなんで和矢と一緒にいたいの?
失いそうになって、初めて、和矢の価値がわかったっていうの?
それって本当の愛情?
わからなくなったあたしは、家に帰り、布団をかぶって寝た。ちっとも眠れず、ひたすら泣いて、泣きまくった。
そのままうつらうつらで夜明かしした翌朝、思ったのよ。
薫と一緒にアメリカに行きたいって。
今から思えば、あたしは恋愛に臆病になっているのかもしれない。和矢と三年も交際していて、キス以上に進めなかったのは、たぶん……シャルルのことがあったから。
華麗の館で彼とキスをして、将来を約束して、ベットインしたあの事実が、あたしが思っている以上にあたしを拘束しているんだわ。
かりそめにも将来を誓ってしまったんだもの。責任がある。
だからあたしは和矢と先に進むことができなかったんだ。
そう考えたあたしは、シャルルに会わなきゃいけないと思った。
アデュウと拘置所の前で告げられて、きちんとお別れしたつもりでいたけれど、なんていうのかしらね、あたしの中では終わっていなかったのよ。
よくよく考えると、孤独が輝き立つように去っていたシャルルは鮮やかすぎて、かっこよすぎて、映画のワンシーンみたいだった。
そのせいで、あたしはシャルルを忘れられなかった。
好きだからじゃない。
綺麗すぎて作り物みたいだったし、シャルルは絶対にあたしを忘れないっていう、変な確信があった。
だからシャルルの幸せな姿を見届けないと、あたしは自分が幸せになっちゃいけない気がしていた。
一目だけ。
シャルルがハリウッドで生き生きとしているのを見届けたら、あたしも前を向こう。
そして自分の行く先を決めよう。
和矢にもう一度やり直したいと謝るか、それとも一人でしっかりと生きていくか。
どちらにせよ、生まれ変わったシャルルの顔を見ないと、あたしは踏み出せないーー……
あたしの話を聞いた薫は、グラスをテーブルに置いた。小皿からアーモンドを掴んでかじる。ぽりぽりとリスのような小気味好い音。ファーストクラスエントランスに場違いなあたしは立ったままだった。
「ダメだ。連れていかない」
「どうしてよ」
「行きたきゃ、自分の金で行けよ」
あたしはぐっと黙る。未だに三流漫画家のあたしは貯金なんかほぼない。アメリカ行きの飛行機代なんて夢のまた夢だった。
「お金、ないわ」
正直にいうと、
「だったら諦めるんだな」
と薫はバイオリンケースを持って立ち上がり、搭乗口に向かった。あたしは慌ててあとを追いかける。
「待って。連れて行って!」
彼女の服の裾を掴むと、パシッと払われた。その素気無い仕草にあたしは驚き、身を竦ませた。
これは本当に薫?
つい数日前、銀座のパーラーで一緒にパフェを食べた薫だろうか?
「お前さんさ」と薫は立ち止まり、ため息交じりに言った。「いつでも誰かが助けてくれると思うな。自分の道は自分で切り開けよ。少なくともあたしの知っているマリナはそういうやつだったよ。知力も体力もなかったけど、ガッツだけは持っていた。ところが今のお前はなんだい。黒須に振られて、その解決まで他人任せ。シャルルやあたしにすがらにゃあ、自分の恋の始末もつけられないのか? だったら恋なんかやめろ」
さっさと搭乗口に入っていこうとする薫をあたしは必死で追いかけた。
「親友でしょ。助けてよ!」
薫は足を止め、いわゆる流し目の要領で振り返った。
ぞくっとするほど冷たい目。
あたしはびくりとすくんだ。
「親友を切り札にするなよ。あたしゃ、あんたの財布じゃないぜ」
薫は胸元からチケットを出し、係員に出した。係員はそれを受け取り、丁重に金属探知機に案内していく。
「待って、お願い! あたし、大事なものを失ったの!」
探知機のフレームを潜りながら薫が言った。
「でもお前さんは家も漫画もあるだろ? シャルルは何もかも、それこそすべてを手放したんだぜ。アルディ家当主の地位も財産もオート・エコール所長の座も、そしてお前さんへの愛情もすべてだ。そのあいつからさらにまだ奪おうっていうのか? 強欲はカトリックが定める七つの大罪の一つだぜ、マリナちゃん」
バイオリンケースを受け取ると、薫はそのまま中へ進んでいった。
追いかけようとするあたしを、係員が止めた。
「薫、薫!!」
あたしの呼びかけに、彼女は一度も振り返らなかった。
next

【麺ポケ】マルちゃん「珍々亭?旨辛油そば」? ( 食べ物 )

いらっしゃいませ?
ポケ活ジパングへようこそ?
今回の麺ポケは?
マルちゃんの「珍々亭?旨辛油そば」です?
★マルちゃん「珍々亭?旨辛油そば」
調理時間:5分
リリース:7月9日
メーカー希望価格:205円(抜)
具構成:ハム型豚肉?メンマ?ナルト?刻みネギ
辛さによるピカチュウ指数(最大⚡×4が食べにくく最悪):⚡⚡(10まんボルト?塩辛さによるマイナス評価)
購入日:7月12日
購入店:ローソン
購入値段:216円(込)
購入日の仕事休けいによる昼飯として?食べました?
【今回のポケモン式評価】
説明:🔴(モンスターボール)<🔵(スーパーボール)<♣(ハイパーボール)の順に評価が高くなりますが?
総合評価に限り?さらに💜(マスターボール)が加わります?
麺:♣(ハイパーボール?最良)
油揚げ式による太麺です?
タレ:🔵(スーパーボール)
ラー油を利(き)かせたタレ?
辛さだけだと「でんきショック(⚡×1)」評価ですが?
同じ辛いでも塩辛いです…?
なので?塩辛さの評価で?⚡×2の「10まんボルト」としました?
具:♣(ハイパーボール?最良)
意外にも?構成だけでなくクオリティもショッカーな感じです?
総合:🔵(スーパーボール)
せっかくの具の構成とクオリティが良いだけに?
ただのラー油に無駄な塩辛さを出した「油そば」は?
「なんて日だ!!」(by.バイきんぐ?小峠英二)
的なデキです?
今回も最後までお読み頂き?
ありがとうございます?

2018年7月22日 (日)

今日のブレカナ

「復讐を巡る復讐者達の物語」が「絶望から立ちあがり歩き出す物語」になりました。
だいたいPLのおかげ。
新たなテーマを成立させるほどの設定とロールプレイをしてくれたことと、本来のテーマを他のPCが受け持ってくれたから。
あそこまでのロールプレイを見せられれば、GMとしては「ちょっと待って今から新しいシーン書くから」と言わざるを得ないです。
俺のブレカナ歴で最もエルスがエルスとして輝いていたセッションでした。

米国自身が構築した戦後貿易秩序を…、米国自らが破壊するトランプ政権の身勝手!!! ( その他国際情勢 )

[ 米国自身が構築した戦後貿易秩序    を…、米国自らが破壊するトランプ政   権の身勝手さ!!!!!! ]
 
 
扨て…、現下…、米国のトランプ政権が遮二無二貿易戦争を仕掛けて居る。そして…、欧州連合(EU)やカナダは…、米国への報復関税の導入を決定した。我が日本国も亦…、米国との間で2国間の通商協議を行う事に為って居るが…、其処で米国がどんな要求を持ち出すのかが注目されて居る由…。先ず…、何より大きな影響を及ぼしそうなのは…、米国と中国(以降・支那と云う)の間での貿易戦争だぜよ!!!…。関税引き上げの対象が極めて広範囲であり…、物理的経済規模で世界1位と2位の国の対立が深刻と為れば…、世界経済全体が影響を受ける事と為る。
 
 
我が日本国の貿易に対する波及も懸念されるが…、其れ以上に…、為替や株式等の市場への影響が気になる。支那の人民元の動きからも目が離せないぜよ!!!。引き合いに出されるのが…、世界大恐慌の大きな原因と為った1930年代の関税引き上げ競争だ。当事…、其の口火を切ったのは他ならぬ米国だった。「スム−ト・ホ−レ−関税法」 で…、平均40%と云う高率の関税を幅広い産業に導入した。但し‥、此の時は特定の国を狙い撃ちにしたのではなく…、国内産業を守る為の輸入制限政策であった。欧州諸国等も報復関税で対抗した由…。此の結果…、世界の貿易は月毎に相当な勢いで…、縮小を続け…、果ては世界不況が深刻化する原因と為ったのだった!!!!!…。
 
 
第2次大戦後に成立した関税・貿易一般協定(GATT)は…、こうした反省の下…、一方的な関税引き上げや…、特定の国に対象を限定した関税を禁じたものなのだ。此の!!! 制度は世界貿易機関(WTO) に引き継がれ…、現在に至って居るのだ!!!!!!…。世界の貿易拡大に貢献したGATT=WTOの制度に守られ…、大戦後から此れ迄…、一方的な関税引き上げや…、特定の国を狙い撃ちした関税引き上げをした国は…、殆ど皆無だった。勿論!!!…、セ−フガ−ド(緊急輸入制限措置)やアンチダンピング(反不当廉売り措置) 等…、国際的な制度で例外的に認められて居るケ−スは別だが…。
 
 
其の意味に於いては…、知的財産権の保護と云う理由は有るにしても…、一方的に支那を対象とした大規模な関税引き上げを決定した今回のトランプ政権の動きは…、戦後守られて来た秩序を破壊するものである。即ち!!! 米国自身が長年支えて来たWTOの枠組みが…、トランプ政権に因って壊されようとして居るのだ!!!!!…。トランプ大統領はWTOから離脱する可能性さえも示唆して居る始末なのだ!!!!!…。支那も…、大規模な報復関税を打ち出し…、関税戦争の泥沼に陥るリスクが前面に出て来たぜよ!!!…。勿論!!!…、現在の状況は1930年代の関税戦争よりは規模が小さい上…、未だ始まったばかりであり…、深刻な状況に嵌り込む前に…、理性が働く事を期待したいぜよ!!!!!!…。
要は!!!…、関税戦争は…、誰に取っても!!! 如何なる国に取っても…、決して!!! メリットを齎さない!!!!!! と云う事を肝に銘ず可きだ!!!!!!!!。
 
喝ぁ―――――ッ!!!!!!!!!!!!!!!

スルメイカ初釣り

7月21日 脇野沢 晴れ 気温23度 水温18度 風無風 潮流は干潮前は東へ緩く、干潮後は西へやや早く
       岸壁中腹外側
 ウキ釣り、餌は、ササミとチカ
 ウキ下は干潮前は6メートル、干潮後は3メートル
 干潮前はチカに食いが良かったが、干潮後はササミが圧倒的。
 午後10時からポツポツ、干潮下げ8分からさらにポツポツ。
 干潮潮どまりは全く当たりなし。
 上げの8分から30分強は最後の地合。
 午前3時までで15センチから25センチが60杯
 2年振りにスルメがよさそうだ。

日大三

日大三島お疲れ様よく頑張ったよ

«写真掲載について。 ( アジア )